着物買取の際に目安となる着物の状態

着なくなった着物を買い取ってもらう着物買取を検討している人が増えています。インターネットが発達した現代社会では、いらなくなったものを買い取ってくれる買取サイトがたくさんあります。その多くがサイト内から申し込み、品物を送って査定してもらうという形をとっています。着物買取も専門のサイトが多くあるようです。しかし、着物ならばどんなものでも良いというわけではなく、目安としては購入してから10年以内の着物であれば比較的高い値段で買取をしてもらえるといわれています。家庭に着ることがなくなった着物がある場合には、保存状態を確かめておく必要があります。着物の生地は絹が多く使われています。絹は経年劣化が激しい生地です。ひと目みただけではわからなくても、くわしく確かめると裏地が変色していたり、金銀箔が変色したりしていることも多いようです。また、たんすに入れておくだけでも自然と色あせやシミが発生します。そのため、着ることがなく、買取に出すと決めている場合には、早めに出すことも念頭に入れておくべきかもしれません。

ページのトップへ戻る